便座・便器、どちらでご請求が発生しても判別がつくようにするため、便座部と便器部それぞれの型式・製造番号を「/」で区切って両方記入お願いします。